自己破産や債務整理の〝いろは〟についてゼロから学ぶ借金解決サイト
任意整理の悩み相談4
Top自己破産債務整理その他 関連知識Q & A

任意整理と取立て行為

任意整理の疑問
任意整理をすると、債権者(貸主)からの取立は止まりますか?
任意整理を行えば、債権者からの取立行為が止まるわけではありません。

債権者からの取立行為を止めさせるには、法的整理(自己破産、特定調停、個人民事再生)を利用するか、あるいは、あなたに代わって任意整理を行ってくれる弁護士や司法書士に依頼することが必要です。

通常、任意整理を行う場合、弁護士や司法書士に依頼することになるかと思われますが、代理人である彼らが発する「受任通知」を債権者が受取ることによって、サラ金をはじめとする金融業者は、債務者本人から直接取立てることが禁止されます。

つまり、任意整理をしたから債権者からの取立行為が止まるのではなく、任意整理を弁護士や司法書士に委任することによって、はじめて取立行為がストップするということです。



任意整理とギャンブル

任意整理の疑問
ギャンブル(パチンコなど)によって膨らんだ借金でも、任意整理は行えますか?
できます。

ギャンブルなどの遊興費は免責不許可事由に当たるため、自己破産を選択した方にとっては免責許可を受ける上で、ひとつの判断材料とされてしまいますが、任意整理は借金の原因がギャンブルだから行えないといった制限はありません。

任意整理は裁判所が関与しない私的な債務整理法であり、債権者と債務者の話し合いによって和解による解決を目指すため、借金を作った原因が問われることは一切ありません。



任意整理の流れ

任意整理の疑問
任意整理は、具体的にどのような手順で進んでいきますか?
ここでは任意整理を、弁護士(司法書士)に依頼した場合の手順について簡単にお答えします。
① 任意整理の依頼を受けた弁護士は、まず債権者へ「受任通知」を送り、債務者本人に対する取立行為をストップさせる。
矢印
② 依頼人(借主)の債務調査を行い、借入年月日、借入金額、金利、返済額などをまとめた債権者一覧表を作成し、借入総額を把握する。
矢印
③ 債権者一覧表を基に利息制限法に基づく引き直し計算を行い、借金の額を確定する。
矢印
④ 新たに作成した返済プランを基に、代理人である弁護士が、個別に債権者と交渉(返済額はいくらにするか、返済期間はどうするか?など)を重ね、債権者の合意が得られたところで、和解書を作成し、その契約内容に従った返済を始める。
といった流れが、一般的な任意整理の手順です。

Q&A 一覧へ