自己破産や債務整理の〝いろは〟についてゼロから学ぶ借金解決サイト
債務整理の悩み相談3
Top自己破産債務整理その他 関連知識Q & A

借金問題の相談先

債務整理の疑問
複数の消費者金融から借入れをしていますが、返済することができず困っています。債務整理をするにも手続きの仕方がわかりません。弁護士に知り合いがいるわけでもないので、借金の相談に乗ってくれるような機関があれば教えてください。
多重債務者の方が抱える借金の悩みは、出来るだけ人に知られたくない!というのが正直な気持ちだと思います。

また、たとえ相談するにしても、いったい誰からアドバイスを受ければよいのか分からないといった人も少なくないはずです。

「借金の相談先は?」と聞かれて、まず最初に思い浮かぶ相手は弁護士ではないでしょうか。

確かに法律を熟知した弁護士は、債務者にとって最も頼りになる存在ですが、借金の相談先は何も弁護士だけとは限りません。

そこで、借金の相談に乗ってくれる主な窓口をいくつか挙げておくので、参考にしてみて下さい。

ただし、下記に挙げる相談先は、あくまで代表的な窓口を紹介しているだけであって、必ずしも「ここに相談しなさい!」と推薦しているわけではありません。

したがって、下記相談機関からアドバイスを受けたことによって生じたいかなる損害についても、当管理人は一切責任を負いませんので、自己責任でお願いします。
弁護士
債務整理のプロであり、総合的に見て最も頼りになる相談相手です。

知り合いに弁護士がいる方は、その弁護士から借金整理に強い先生を紹介してもらいましょう。

一方、弁護士に知り合いがいない方は、地元の弁護士会に、直接問い合わせて、借金整理に強い先生を紹介してもらって下さい。

※ 定期的に無料法律相談会を実施している弁護士会支部もあります。

なお、債権者側(金融業者等)が「うちで紹介しますよ」と薦めてくる弁護士は、悪徳提携弁護士の可能性が高いので依頼してはいけません。

また、このほか、弁護士会が運営する借金専門の相談センターや、弁護士がネット上で法律相談(24時間365日/有料)に乗ってくれるサイトなどもあるので調べてみてください。
日本弁護士連合会(http://www.nichibenren.or.jp/

弁護士会法律相談センター(http://www.bengoshisoudan.com/

弁護士ドットコム(http://www.bengo4.com/



司法書士
司法書士法(平成15年4月1日~施行)改正により、一定の法律要件(研修など)を満たし法務大臣の認定を受けた司法書士は、簡易裁判所の事物管轄範囲内(現在、140万円以下)での業務(裁判、訴訟活動(裁判外での示談・和解交渉なども可))に限り、弁護士とほぼ同等の事件を扱うことができるようになりました。

したがって、借金の相談相手に司法書士を選択することも可能です。

ただし、先に述べたとおり、すべての司法書士に権限が認められたわけではないので、司法書士会に問い合わせるなどして、借金整理に強い先生を紹介してもらいましょう。
日本司法書士連合会(http://www.shiho-shoshi.or.jp/



その他の相談窓口
弁護士会や司法書士会以外にも、借金の相談窓口は各地に点在しています。

ただし、弁護士や司法書士が直接運営している機関などに比べ、ボランティア的な団体においては、アドバイスの質が低かったり、親身になって相談に乗ってくれないことも中にはあるようです。

相談するしないは別として、このような借金相談窓口もあるということを押さえておきましょう。

また、地方自治体などでは、弁護士を招くなどして定期的に無料法律相談会を実施(ただし大半は予約制)していることが多いので、各自治体に電話でお問い合わせてみるのもよいでしょう。
全国クレジット・サラ金被害者連絡協議会(http://www.cre-sara.gr.jp/

金沢あすなろ会(http://www7.plala.or.jp/npoasunaro/

借金相談 NPO消費者サポートセンター(http://www.syouhisya.org/

Q&A 一覧へ